佐渡島アオネバ渓谷から金剛山(1)【2011/05/11】

春の花を見に毎年行きたくなる佐渡島行ってきました。
アオネバ渓谷沿いの道はこの時期花が途切れない。花に見とれて足元もおぼつかなく花好きには大変危険な道です。(^_^;)
画像

新潟港の佐渡汽船ターミナルビルに近い立体駐車場にクルマを停めます。
(カーフェリーにクルマを乗せる場合は航送待機所へ)
駐車料金は5時間を超えて24時間まで1,500円ですが佐渡航路の利用者には1日あたりの上限金額を800円とする割引制度があります。乗船窓口にて「佐渡航路利用者料金適用カード」を必ずもらいましょう。

6時前には新潟港に到着しましたが両津港からドンデン山荘までのライナーバスの時間が6:00発のカーフェリーだと間に合わないので6:55発のジェットフォイルでむかいます。
画像

カーフェリーだと両津港まで2時間30分かかりジェットフォイルだと1時間です。ジェットフォイルは時速80kmで走行するのでシートベルト着用カーフェリーと違い食事処や売店もありません。
片道運賃カーフェリー2等で2,120円 ジェットフォイル6,220円どちらもプラス燃料油価格変動調整金がかかります。
ジェットフォイル6,220円なら高くて乗りたくありませんが、いろいろな割引サービスがあり超早割きっぷ新潟発6:55及び両津発7:20の片道利用の場合に3,460円になります。
個人的にはカーフェリーのほうが好き2等船室でも横になって休めるし探検もできます(笑)
カーフェリーについてくるカモメに餌やりそして間近に撮影できるかも

新日本海フェリーらいらっく号
画像

らいらっく号は新潟港から小樽港へ これに乗って北海道の山に行きたい
画像


両津港に近づいてきた天候は曇りですが、大佐渡山脈がよく見える。
金北山からドンデン山
画像

ドンデン山から金剛山
画像

両津港に到着
画像

ドンデンライナーのきっぷを買って「大佐渡縦走トレッキングマップ」をもらいます。
大佐渡縦走トレッキングマップには主なコースの案内、大佐渡山系で見られる花や鳥、タクシー会社や医療機関などの電話番号などもあり、情報の少ない佐渡の山を登るにはありがたいマップです。
以前のものには無かった登山口までのタクシー代やアクセス情報がプラスされています。
佐渡観光協会では無料で「大佐渡縦走トレッキングマップ」を送ってくれるそうです。

8:10発のドンデンライナーでアオネバ登山口まで 運賃500円
土日なら8:50発の便があるのでカーフェリーで間に合うのですが・・・・
画像


ドンデンライナーはドンデン山荘まで行きますが、今日はアオネバ登山口で降りる人がほとんど
ドンデン山荘まで行く人も金北山や金剛山に縦走する人はいないようだ。
アオネバ登山口には新しくバイオトイレが2つありました。
登山口は現在工事中
画像


歩き始めから花、花、花です(^^)
ヒトリシズカ 静御前の白拍子姿に例えてこの名があるが一つだけ咲いている感じではなく群生してます。
画像

画像


エンレイソウ エンレイソウ属の学名「トリリウム」は「3を基本の数としたユリ」と言う意味があり
葉は3枚、花びら(がく)も3枚、雄しべ6枚、雌しべの柱頭は3裂とこだわります。
緑色の花びら(がく)のエンレイソウ久しぶりに見た。佐渡では普通のよう
画像

画像


フッキソウ 名前の由来は葉が常緑で、株がどんどん増えていく様子に「富」の字をあて、白い真珠のような果実に気品がるため「貴」の字をあてたそうです。
花びらはありませんアサリ(貝)の管のような雄花
画像


オオイワカガミ 葉は鏡のように光沢があります。いつも見るイワカガミより倍以上の大きな葉
画像


ニリンソウ ひとつの茎に花を2個咲かせるのでこの名がついたが実際は1から5つの花をつけます。
似たような仲間にイチリンソウ、サンリンソウがあります。
画像

画像


ヤマシャクヤクはもう少したたないと咲きません。

フクジュソウ まだ残っていました。咲き始めに比べて茎も葉も伸びてフクジュソウ?という感じ
画像

フクジュソウの実 大仏の頭のブツブツのようです
画像


エゾエンゴサク
画像

画像


シラネアオイ 一科一属一種の日本固有種の花 普通なら珍しい花ですがアオネバ渓谷ではどこにでも
画像

画像


ヒメアオキ チョコレート色の花びら
画像


ユキワリソウ(オオミスミソウ)も、まだ残っています。
画像


ニリンソウ群落
画像


アオネバ渓谷沿いの道 花途切れない(^^)
画像


アラゲヒョウタンボク 咲き始めは白色でクリーム色に変わります。名前の由来は葉に毛が多い 
ヒョウタンボクの多くは2つの実が合着して瓢箪の形になるが、アラゲヒョウタンボクは2つ並ぶだけでくつかない
画像


アマナ
画像


ナニワズ
画像


沢の水がなくなり尾根が近づく

アオネバ渓谷の由来の青い粘土
画像



      つづく





この記事へのコメント

2011年05月16日 11:28
zenさま
速報とNo.1、拝見しました。
船旅も楽しそうですし、花もすごい。
佐渡はいい所ですね。一度、行って見たいです。
No.2以降、楽しみにしています。
                 てくてく
2011年05月16日 13:09
こんにちは
zenさんは植物に詳しいんですね~驚きました。私などはイワカガミ、福寿草、ニリンソウ、シラネアオイ位までは何とか分かったけどそれ以外はまったく知らないです(汗)

それから佐渡の情報ありがとうございます。何時になるかは分かりませんが、もし行けたら参考にさせて頂きます。
2011年05月16日 22:38
てくてくさん
コメントありがとうございます。
船旅いいですよ。運転しなくていい時間があるのはいいです。いままで船が揺れて酔った経験もありません。
ライナーバスがある春がオススメです。
2011年05月16日 22:50
akiさん
こんばんは、ありがとうごさいます。
山に動植物を見に行くのが楽しみです。
日帰りではなく山と観光をセットがいいですね。
(^_^;)
2011年05月21日 21:44
zenさん、
今晩は

懐かしい光景です
4月10日にお邪魔してましたが、
アオネバ渓谷中間点までは、何とか行けましたが、それから先は1m以上の雪で往生しました
それでも、沢山の花にあえましたが、
いまが一番良い時季なのでしょうね
2011年05月25日 21:25
こんばんは
良い花の時期に行かれましたね。
是非一度は佐渡の花を見たいものです。

この記事へのトラックバック